何 処 に も 行 き つ け な い 旅 な ん て な い
  

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
明日への自信
JUGEMテーマ:アート・デザイン

何とか明日から書展開催できそうです。

本日無事に搬入。


…いや、あんま無事じゃなかったか。

やっぱり慣れない会場はだめだね、何が起こるかわからん…
パネルの色がクリーム色ってどういうことだよばーーろーーーーー
想定外だったよまじでさあ・・・orz
何とか切り抜けたけども…ちくしょー

おかげで大人気なくイライラしまくって最低だった。人として。
そういうとこがだめなんだなー

明日からはもう始まってしまうわけだし、
この自分に対するイライラを表に出さないように気をつけなきゃ。
そういうオーラだしてるとせっかく来て頂いたお客さんに失礼だし。


今回の書展、作品に対してどういう評価や反応がくるかはわからないけど、
どんな結果になったとしても、
これまでの過程で無駄だったことはひとつもないと信じたい。

春休みから作品のこと考え始めて、
どうしても展覧会恐怖症を克服したくて、早め早めに取り組んできた。
けど実際、時間なんておもしろいようにどんどん過ぎていって。

最終的にそれなりに納得した作品が書けたけど、
まだやりきれなかった部分はたくさんある。
まあ、ここで満足してたら逆に驚きってことはあるけれど。

とにかく明日から3日間、とりあえずは今回の作品に自信持って、
でも謙虚な気持ちでいろんな声を聞こうと思う。

いい3日間になりますよーに。
21:22 calligraphy comments(0)
のびのび
JUGEMテーマ:アート・デザイン

昨日無事、作品仕上げることができました。


いやーはーよかったー
まあ準備はまだまだたくさん残ってるけど、
とりあえずよかったー
納得できる作品に決めることができたことが何より嬉しいよ。

結局、最終的に選んだ作品は、
1行目でちょっとイマイチだなーって思った箇所があって、
もういいやーでも一応書いとくかーっていう感じで書いたやつだった。
そして今見ても1行目のどこでイマイチと思ったかわからないという奇跡w

そんなもんだよねなー
ここをこうして、ああしてって考えて書いてるより、
何も考えずにのびのび書いてる方がいいんだよなー

早く表具して額に入れて見たいなー
やっぱり伸ばして見るとちょっと違って見えるし!

会期まであと少しがんばろー!
23:39 calligraphy comments(0)
不安
いよいよ明日〆切。
不安で仕方ないや。


この不安は前回の展覧会の不安と違うのを実感してる。


前回は、作品が最後まで酷すぎたからどうにかしなきゃいけないって不安。

今回は、色々考えてきて、
私の中ではそれなりに書きこんできたのに、
明日、それを発揮して納得いくものが書けないかもしれないっていう不安。


今回の不安が、次に繋がるって信じたい。



いい作品が書きたい。


ただそれだけなのに、こんなに難しい。




とにかくがんばれわたし。

23:25 calligraphy comments(0)
ふしぎな26歳
JUGEMテーマ:

祝・26歳! 


私にとって彼は、とてもとても不思議な人。

一生追いつけないし、追いつこうとも思わない。
彼には遠い存在でいてほしい、違う次元に生きている人でいてほしい、
ものすごい距離感を感じる人であってほしい・・・色んな意味で。


これまで何回も驚かされてきたけれど、
26歳になった彼は、今度は一体何をしでかしてくれるのかな。

何をしてくれても驚くと思うし、でも実際見たら全部納得できる気がする。


ああ、ほんとに不思議な人。


心からおめでとう!
そしてありがとう!
22:41 kazunari comments(0)
あと1週間
JUGEMテーマ:アート・デザイン

作品〆切まであと1週間。
来週の今頃は作品書き上げて優雅に差し入れを食べている頃…のはず。

今回書展に作品を出すのは3回目。
思い入れ、書き込み期間、書いた枚数…全て最大。
自分たちメインの書展てこともあるけど、何より、前回の失敗が何よりの原動力。

もうあんな惨めな思いしてたまるか。 

結局一番強いのはその思いで、
何か頑張る動機としては不純かもしれないけど、私は大事にしたいと思ってる。
失敗を無駄にするのは嫌。失敗は何よりの宝物。

今日の批評会。
私は次回の書展に向けての作品を出したから、
今週末〆切の作品についてのコメントはなかった。
でも仲間は酷評が割といて・・・ううううーん・・・
私も私の作品を仕上げなきゃいけないから、
とにかく頑張って書いてくれ!としか言えないけど・・・

難しいね。
自分たちの書展だからやりたいことやれるって考える人もいるし、
やっぱり科の看板背負ってやるからにはある程度限度があるだろって思う人もいる。

でも確かに、書展に限らず展覧会っていうのは、
展示する自分たちのことだけ考えてやると失敗する。
作品を通しての見てくれる人とのコミュニケーションが必要。

まだ自分たち本位になっちゃってるのかなー・・・うーん・・・
でも何も意思がないよりはいいとは思うんだけどなー・・・

難しい!色々考え出すと!


まあでもとにかくあと1週間、必死でやります。今はそれだけ。

22:21 calligraphy comments(0)
1/60PAGES >>